ゴルフでスコア100を切るための考え方

「ゴルフスイング上達法ガイド」は、ゴルフスイングの基本から応用までステップアップを目指すゴルファーのためのスイング専門情報サイトです。

サイトマップ

100を切るための考え方

ゴルフを始めた方が最初に目標とするスコアが100であり、最初に壁にぶつかるのがスコア100ではないでしょうか。では、スコア100を切るためにはどのような考え方が必要になるかをここで説明させていただきたいと思います。スイングも大切ですが、ゴルフは頭を使うスポーツであることを忘れないようにしましょう。

パターから逆算して攻める

「ゴルフは短いクラブから練習せよ」という格言がありますが、これは100切りを目指す人こそ当てはまる格言だと思います。短いクラブからと言うのは簡単に言うと「パター→アプローチ→アイアン→ドライバー」となります。では、なぜ短いクラブから練習するといいのでしょうか。

それはズバリ、前のショットが楽に打てるようになるからです。

具体的な例を挙げて説明すると、例えばあなたが5メートル以内なら確実に2パットでいけるとしましょう。そうすれば、前のショット、つまりアプローチですが、ピンそば5メートルに寄せればいいことになります。もし同じ状況で、あなたがパットが苦手で「ピンそば2メートル以内に近づけないと」と思ってアプローチするのとどっちが楽に打てるでしょうか。もちろん前者ですよね。

今度はアプローチですが、グリーンまで60ヤードなら高い確率でピンそば5メートルに寄せれるとしましょう。一方、グリーンまで30ヤードくらい近くないとピンそば5メートルは無理だとします。前者と後者では、その前のショット、つまりミドルアイアン(もしくはフェアウェイウッドやユーティティ)で飛ばさなくてはいけない距離が30ヤードも違ってくることになります。

もうお分かりだと思いますが、ミドルアイアン等で150ヤード飛ばす自信があれば、120ヤードしか飛ばす自信のない人よりも、ドライバーショットでの飛距離が30ヤード短くてもOKということになります。この差は物理的にも心理的にも非常に大きな影響を与えます。

このように、短いクラブからマスターしていけば、その前のショットに好影響を与えることになるのは間違いありません。ぜひ今後の練習方針の参考にしてみて下さい。

次はスコアのお話です。

ボギー前提で攻める

ゴルフは通常パー72ですから、全ホールボギーだとすればスコアは90になります。これくらいは当然みなさんもお分かりだと思いますし、実際各ホールボギー狙いでラウンドしている方もたくさんいらっしゃると思います。

ここでお伝えしたいのは、結果的にスコアがボギーになることを狙うのではなく、ボギーであがれるようになる攻め方を考えるということです。これは上で書いた「パターから逆算して攻める」が大いに関係してきます。具体的な例をあげてみましょう。

350ヤード、パー4のコースだとします。あなたの実力は↓と仮定しましょう。

  • ドライバーは平均200ヤード前後
  • 7番アイアンが得意で、140ヤードは安定して出せる
  • グリーン手前50ヤードからならピンそば5メートル以内に寄せられる
  • 5メートル前後であれば、2パットでカップインできる確率が高い

「パターから逆算する」のがポイントですから、まず2パットでカップインするために5メートル以内にグリーンオンする必要があると考えます。そのためにはアプローチショットをグリーン手前50ヤードから打てばOKとなりますので、逆算するとティショットを含めた2打で300ヤード飛ばせばいいことが分かると思います。

2打目が得意の7番アイアンで140ヤード稼げる見込みがありますから、ドライバーは160ヤードで十分ということになります。これなら楽にボギーが狙える気がしてこないでしょうか?

もちろんすべてのホールでこのように上手くいかないこともあると思いますが、すべてボギーでスコアは90です。つまり9回ミスしても大丈夫です。ショートホールではパーが出せるかもしれません。

このように、無理してすべてのショットで距離を出そうとしなくても、パターから逆算していけばおのずとそのショットで必要な距離が計算できるので、余計なプレッシャーから開放されて気楽にスイングできるようになります。このように簡単に考えた方がいいショットがでるのがゴルフの不思議なところでもあります。おすすめですのでぜひ実践してみて下さい。