パッティングの基本

「ゴルフスイング上達法ガイド」は、ゴルフスイングの基本から応用までステップアップを目指すゴルファーのためのスイング専門情報サイトです。

サイトマップ

パッティングの基本

スコアメイクでもっとも重要なのはやはりパッティング。これはプロのように上手くなればなるほどその重要性は増しますが、アマチュアの方でもスコアの約3〜4割がパットによるものですから大変重要だと言えます。他クラブ同様、まずは基本をおさえておきましょう。

ヘッド軌道は常に真っ直ぐが正解

パッティングで重要なのは、とにかくフェースの芯で打つということ。そのためにはヘッド軌道が真っ直ぐであることが必要不可欠です。テークバックでヘッドを真っ直ぐ引き、フォローでも真っ直ぐな軌道を描くように意識します。これができれば方向性は間違いなくアップします。

この原理が分かっていても、実際自分のパッティングのヘッド軌道を見てみると真っ直ぐになっていないことに気が付くと思います。あまり意識しないでパッティングすると、どうしてもインサイドインの軌道になる方が多いようです。

狙ったところに打つためには方向性が安定することが不可欠です。とくにショートパットでは方向性が合うだけで入るか入らないかが決まるようなものです。最初は慣れない感じがするかもしれませんが、パターの芯で打つためにもとにかくヘッド軌道が常に真っ直ぐになるように意識して練習することを強くおすすめします。パターのタイプは関係ありません。

パッティングはハンドファーストに構える

パッティングは、当てるだけなら誰でも簡単にできてしまいますので、フォームやアドレスを他のクラブとくらべると軽視しがちです。常に狙ったラインに打っていくには、パッティングのフォームは非常に大切です。微妙な違いで大きな効果を生みますのでチェックしてみて下さい。

まず構えですが、ボールが体の中心にくるように立ちます。パッティング体勢に入ったとき、パターのグリップエンドはあなたの体の中心から見て右側にあるでしょうか?左側でしょうか?もしくは中心にあるでしょうか?

フィーリングだけで構えると、フェースとボールが直角になっていなくてはいけないと思い、ボールよりもグリップエンドが若干右側にきてしまっているのではないかと思います。

ただしこの構えは正しくありません。正しくは、ボールと同じライン上(=体の中心)にグリップエンドがくるように構えます。つまりヘッドよりもグリップが左側にきているハンドファーストの状態です。このように構えるとヘッドの軌道が真っ直ぐになりやすくフェースの芯にヒットしてくれます。距離感も方向性もよくなることは言うまでもありません。

安定したパッティング=安定した五角形

最後に実際の打ち方ですが、ポイントは手首を使って打たないことです。イメージとしては、両肩だけを動かしてパッティングする感覚です。

両腕を体から離してヒジを曲げます。このとき両ワキが空いていてもOKです。両肩、両ヒジ、グリップで五角形ができていると思いますが、その五角形を崩さないままテークバックからフォロースルーまで行います。実際にやると分かりますが、この打ち方なら絶対に手首は使えません。

五角形をキープするために、両ヒジの間隔を変えないことを意識して下さい。ここがブレるとフェースの芯にボールがヒットしなくなります。ここをキープできれば、うまく芯に当たるようになります。

パッティングは他クラブと比較すると派手さがなく、練習しても地味でストレスがたまるためあまり練習しない方が多いと思いますが、実際のラウンドでは差が付きやすいクラブです。ショートパットを確実に入れる人、たまにミスする人ではスコアは大きく違ってきます。

少なくともパッティングは苦手という意識を持つことは絶対不利になりますので、基本だけでもマスターして3パットを減らしていくように努力しましょう。