体重移動と腰の回転

「ゴルフスイング上達法ガイド」は、ゴルフスイングの基本から応用までステップアップを目指すゴルファーのためのスイング専門情報サイトです。

サイトマップ

体重移動と腰の回転

スイングには"体重移動"と"腰の回転"しかありません。まずはこのことを理解しましょう。体重移動をして腰を回転させてスイングすることで、手で"打つ"スイングから"振る"スイング"へと変わることができます。「振る感覚」をしっかり習得して下さい。

体重移動

体重移動とは、左右の足(股関節)への体重の移し変えのことで、回転の前に必ず体重移動があります。「体重移動→回転」の順番ですね。これはスイングの大原則ですので絶対に守りましょう。

実際に体重移動をする際、どこを意識してやっているでしょうか。移動している感覚が分かりやすいのは頭ですが、頭を使って体重移動をすると必要以上に頭が左右に動いてしまいますから軸がブレてしまいます。

正しい体重移動というのはを使います。頭をまったく動かしていけないわけではなりませんが、目線はボールから離さないようにします。腰を気持ち右に水平移動させる感覚で右足股関節に体重をかけていきましょう。

腰の回転は水平にスムーズに

バックスイングで肩を回し、トップスイングで右足(股関節)に体重が乗れば、後はダウンスイングで自然に左足に体重が移動しますが、この時注意したいのが腰の回転です。腰が上下にグラついているとクラブも動きがつられてトップしたりダフったりしてしまいます。

大切なのは、腰を水平に回転させるイメージです。ベルトをしているのであれば、ベルトを水平に回すイメージで覚えておけばいいでしょう。

もちろん体重移動と腰の回転が同調してスムーズにスイングできなくてはなりませんが、この感覚がつかみにくいという人は連続素振りが有効な練習になります。

クラブを持たなくて結構なので、一度スイングしてフォローまでしたら、その反動でトップスイングまで腕を戻します。(体重移動を意識することを忘れずに。)あとはその繰り返しでOKです。体重が左から右、右から左に移っていることと、腰が水平に回転していることをチェックしてみて下さい。