バックスイングの基本

「ゴルフスイング上達法ガイド」は、ゴルフスイングの基本から応用までステップアップを目指すゴルファーのためのスイング専門情報サイトです。

サイトマップ

バックスイングの基本

正しいアドレスでしっかり構えることができたら、次はいよいよスイングの開始です。スイングといっても、クラブを振り切るまでにはいくつかの過程があります。常に安定したスイングをするためには、それぞれの過程のポイントをしっかりおさえる必要があります。まずはスイングを開始する過程(テークバック→バックスイング)におけるポイントを学びましょう。

テークバックでの注意点

簡単に言うと、スイングは大きく分けて「体重移動→回転」で成り立っています。この順番を間違うと体の軸がブレて安定したスイングができません。必ず体重移動が先になります。そして体重移動を最初に行うのがテークバックになります。(アドレスからスイングを開始する時の動きをテークバックと言います。)

テークバックでは最初に右足股関節に体重を乗せ、その動きについていくように上体を回転させていきます。この時のクラブの動きですが、クラブヘッドが右足の前にくるまでは体と平行になるように動かします。(ボールから30センチ後ろにあるボールを、さらにそのまま真横に転がす感覚でクラブを引いて行きます。)

次第にクラブを上げていきますが、両手が腰の高さに上がるまでは両方のヒジを曲げないようにします。テークバックですぐに右ヒジを曲げてしまうと大きなスイングができなくなり、結果として飛距離もでません。腕を自然に伸ばしたままクラブを上げていきましょう。

体重が右足股関節に乗ったら今度は上体を回転させていきます。最初に説明した「体重移動→回転」の順番ですね。この順番ば守られていればスムーズなテークバックになります。

右ヒジが下方向を向いているか確認しよう

バックスイングでは右ヒジを曲げてクラブを上げていきますが、ここで右ヒジの向きに注意しましょう。正しい動きは、右ヒジを下に向けたままクラブを上げていくことですが、逆に右ヒジが上を向いているとスイングが安定せず、ミスショットの原因になってしまいます。

初心者がやってしまいがちなミスですが、一度意識すればすぐに修正できる問題です。早いうちに確認して、バックスイングでの正しい右ヒジの使い方をマスターしましょう。