ゴルフのアドレスの基本

「ゴルフスイング上達法ガイド」は、ゴルフスイングの基本から応用までステップアップを目指すゴルファーのためのスイング専門情報サイトです。

サイトマップ

アドレスの基本

グリップができたら、次はアドレスです。このアドレスがしっかりできていないと、安定したいいスイングは絶対にできません。スイングのスタートとなるアドレスでの構えのポイントを、まずはしっかりおさえておきましょう。

アドレスで両足にかかる体重配分は、「右6:左4」が理想

「右足により体重をのせなくちゃ・・・」と考えてしまうと、思っている以上に体重を右足にのせてしまいがちです。あくまで理想ですので、頭の中では左右均等に構えているくらいのイメージを持ちましょう。肝心なのは、体の軸が傾かずにバランスがとれていることです。打ち方やクラブによってこの体重配分は大きく変わってくるということも覚えておきましょう。

アドレス時のボールの位置は、ゴルフクラブによって変わる

アドレスした時のボールの位置は、使うクラブによって変わってきます。「ドライバーなら左足カカトの延長線上」、「9番アイアンなら体の中心寄り」といった具合です。クラブの番手があがればあがるほど、ボールは「スタンスの中心に寄る」「体に近くなる」ことになります。

股関節を強く意識し、ヒザを曲げるのは最後と覚えておく

まず、アドレスで強く意識して欲しいのは股関節です。股関節はスイング中にも重要な役割を果たすのですが、それはアドレスでも例外ではありません。(腰ではなく)まず股関節から上体を前傾させ、体重が爪先に乗った状態を確認してから、軽くヒザを曲げます。この時、肩とヒザ、足の親指が一直線上にきていれば正しいアドレスになっていると言えます。

胸を張って、背筋を伸ばし、お尻を後ろに突き出すイメージで構えられていれば綺麗に見えます。(もちろんスイング上もこの感覚が大切です。)背筋が丸まったままのフォームでは絶対にスイングは上達しません。

アドレスでの手順にはぜひ気をつけて欲しいのですが、ヒザを曲げるのはアドレスの最後と覚えておきましょう。先にヒザを曲げてしまうと、重心がカカト側に乗ってしまい、下半身が安定しなくなってしまいますので注意が必要です。

ゴルフクラブのグリップが、左足股関節を指すように構える

アドレスした時の両手の位置ですが、クラブのグリップが左足股関節を指す位置にあればOKです。(体の中心のやや左側にくるはずです。)両腕は両肩から自然に下りたところでクラブを握ります。(体から握りこぶし2個〜2個半程度空いていればOKです。)

ここで力が入ってしまうと必要以上に体から離れたところでクラブを握ってしまったりしますので、あくまでリラックスした状態でアドレスの姿勢をつくることが重要です。

ショットの前に、体の向きを最終確認

ここまで正しく実行できていても、体の向きが狙った方向とあっていなければ、ボールはもちろん狙ったところに飛んではくれません。体の向き(肩や腰・スタンスのライン)と飛球線が平行になっているか確認しましょう。

この時、ボールに対して平行に構えようとすると、どうしても体が微妙にずれてしまうものです。ボールに対してではなく、ボールを飛ばす目標に向かって構える意識を持つことを心がけましょう。